通信教育で学べること トップ画像

校正講座

校正とは原稿から印刷物をつくるときに、誤字・脱字、文章の整合性をチェックしたり、内容の事実確認などをするのを仕事としている仕事のことです。通信教育では、昔からあらうメジャーな講座で校正技能が身につけられるカリキュラムを提供しているとこが多くあります。

校正は、編集の過程において、出版すべき原稿をまとめた後に、書籍、雑誌などの印刷物の形で商品化する前の最終チェックにあたります。大きな出版社や新聞社では校正を専門とする部署を持っている所も多くあり、そこに所属する校正係が社の出版物の校正を全面的に請け負っています。一方では、中小の出版社などでは著者や編集者自身が校正者を兼ねていることあり、通信教育での内職として在宅校正者の講座などがあります。また、派遣職員やフリー校正者など業態はさまざまあります。

 

校正の手順は、基本的にはまず著者の原稿を植字、もしくはデータ取込して試し刷りした校正刷りの内容を、原稿と突き合わせて確認することから始まります。この段階では、校正はあくまでも原稿に忠実に印刷されているかどうか確認することを原則としているのですが、時には著者の書き間違いや勘違いによる誤記を正したり、著者に確認を求めたりすることも必要となってきます。この原稿との引き合わせを越えた部分に関しては「校閲」と呼ばれます。このため、校正者にはその分野に対する専門的な知識が要求されるのです。校正作業に際しては、「校正記号」と呼ばれる独特の様式に従って、ゲラ刷りに赤字で注記を書き入れるというのが一般的になっています。技術さえ習得すれば在宅でもできるため通信講座としては人気のある部類だといえます。

イラスト

イラストなど芸術の分野でも通信教育は充実しています。中でもイラストは、言葉とともに、メッセージをイメージ化して見せるすばらしい表現の技といえるでしょう。しかし、自己流で描いていたのでは、なかなか自分のカベを超えることはできません。レベルを上げ芸域を広げるには、プロの作品に触れその“やり方”を教えてもらうことが重要で。多くの先人たちのワザを、通信講座によって習得したいという方も多いのではないでしょうか。ひとくちにイラストと言っても、いろいろなスタイルがありますが、どの分野に興味を持っていても基本は同じです。通信講座では、基礎から応用技術まで分かりやすく学ぶことで、自分の書きたいイラストを掛けるようになることを目指します。上達に必要なのは、「やってみたい」という気持ちなのです。

 

イラストレーションという実技中心の講座では、上達がわかりやすく、修了を待たずとも、習ったそばから成果が出てくる楽しみがあるでしょう。イラストを描けるようになりさえすれば、年賀状、お祝い状、手紙で自分のオリジナリティが発揮でき、プライベートなお付き合いで自分を強く印象付けられます。手描きのイラストがあるだけで、やはり違うものです。

check

期間限定の買取強化車種あります。

廃車 愛知

失敗しない婚活サイト選びのポイントをご紹介しています。

婚活サイト 比較

2016/4/25 更新